侍エンジニアの無料カウンセリングを受講してみた!

未分類

プログラミングスクールで有名な「侍エンジニア」の無料カウンセリングを受けました。
受けた目的は、侍エンジニアのことを知る、というよりも、

自分の目的に対し、どのようにプログラミング学習を進めたらいいか

という疑問を解消することでした。

結論から言いますと、学習の進め方に関する疑問は
解決できました!

受けてみて、本当に良かったと思います(^ ^)

また、疑問を解消できただけではなく、ネットで調べても出てこないような情報も聞けたので、
それも含め、今回の無料カウンセリングで得られたものをまとめていきたいと思います!

副業・フリーランスを目指すなら「Web制作」

まず、僕の目標は、
今の会社を辞めることになっても、食いっぱくれないスキルを身につけること
です。

ですので、副業として案件を獲得できるようになる必要があり、
その勉強を進めなければなりません。

とはいえ、プログラミング言語は200種類以上あり、何から学べばいいか分からない状態。。。
「どう学習を進めたらいいんだろう?」
この疑問が解消できない状況が続いていました。

ただ、ここまでのことは、事前アンケートに記載していたので、少しやり取りをし、
回答を頂くことができました。

選ぶポイントは、
アプリケーション開発などは難しい
案件数が多いものを選ぶ必要がある

そして、この2つの条件をクリアしているのがWeb制作とのことでした!

情報を調べていても「副業ならWeb制作」と書いてあるサイトが多かったですが、
このように業界に精通している人から回答をもらえると、信頼感が大きいです!

「よし、じゃあWeb制作に関する勉強をしよう!」
と思ったのですが、、、

実はもう一つ、僕には疑問がありました。

それは、
Web制作をするなら、デザインとコード、どちらを先に勉強すればいいの?
という疑問です。

早速、質問をぶつけてみたところ、次のような回答を得られました。

単価のことも考えると、まずはWeb制作、コードを先に勉強した方がいいですよ。その上で、サイトをもっと綺麗にしたい、となった時にデザインを学ぶといいです

一字一句正確ではないですが、回答の内容はこんな感じでした。

これで、僕が何を学習していけばいいか明確になりました。

Web制作を学べばいい


あとは、スクールで学ぶか、独学で学ぶか。

当初の予定では、スクールで環境を作り学ぼうと思っていたのですが、
最近になって、会社でコロナワクチンを強制されるかもしれない可能性が出てきてしまいました。。。
(勤め先が製薬会社だからかな…)

僕は、コロナワクチンを打つつもりはありません。
詳細な理由についてはここでは割愛しますが、あまりにリスクが大きいからです。
(ちなみに、今回のコンサルタントの方も、コロナワクチンはリスクが大きいから打たない、と言われていました。)

となると、最悪、会社を辞めさせられる可能性があります

その場合、引っ越し費用など含め、ある程度のまとまったお金が必要になるので、
分割払いにすることも含めて、検討中です。

ただ、今のところ、スクールに通う気持ちの方が強いかな。

クラウドワークス・ランサーズでの案件獲得は難しくなった…

ここからは、今回の無料カウンセリングで得られた情報をまとめていきたいと思います。

まず、見出しを見て、驚いた方もいるのではないでしょうか?

え?どういうこと?
未経験者が副業獲得するのに最適なのが、クラウドワークスやランサーズと言った、クラウドソーシングサイトじゃなかったの?
もう未経験者が参入するのは無理なの?

僕も最初、このように思いました。

具体的に説明すると、現在、クラウドワークスやランサーズには、
経験者の応募が多数を占めているそうです。
そのため、未経験者がいきなりクラウドワークスやランサーズの案件に応募しても、
採用してもらえる枠がない、とのことでした。。。

2年前ならまだ未経験者も入る余地があったそうですが、今は難しいようです。

ではどうすればいいのか?
それもこの無料カウンセリングで教えて頂きました。

簡潔に要点だけまとめると、

「ココナラ」というサイトを使って、最初安い価格でサービスを提供しながら、
自分の評価を上げ、評価が上がったらサービス料金も高くしていく


とのことでした。

ただ、ココナラもいつ、クラウドワークスやランサーズのようになるか分からないから、
早めに学習を始めた方がいい、と言われました。(本当にその通りです汗)

また、知り合いから仕事をもらう、Twitterで仕事を探す、営業をかける、
といった方法もあると教えてもらいました。

知り合いから仕事をもらうのが一番早い、と他のサイトに書かれていることが多いですが、
僕には残念なことに、そのような知り合いがいないので(汗)、「ココナラ戦略」が最適かと考えています。

ちなみに、侍エンジニアの卒業生の中には、20万円の案件をTwitterでもらった、
という強者もいるそうです!(純粋に凄い!)

侍エンジニアのサービス内容について

ここからは、侍エンジニアのサービス内容について、今回の無料カウンセリングで聞いた内容も含め、
書いていきたいと思います。

コースの内容について

侍エンジニアには、いくつかのコースがあります。
ここでは、今回のカウンセリングで説明のあったものだけを紹介していきます。
次の4つです。

•デビューコース
•Webデザインコース
•エキスパートコース
•フリーランスコース

順番に説明していきます。

デビューコース

こちらのコースでは、まずプログラミングの基礎を学び、
オリジナルサービスを制作するところまでを学習できます。

料金は次の通りです。全て税込価格です。(2021年6月19日時点)
4週間→166,000円(内訳:入学金98,000円、参加費:68,000円)
12週間→296,000円(内訳:入学金98,000円、参加費:198,000円)
24週間→396,000円(内訳:入学金98,000円、参加費:298,000円)

Webデザインコース

このコースは、基礎学習とオリジナルサービスを制作するまではデビューコースと同じで、
デザインを中心に学習することになります。

料金は次の通りです。全て税込価格です。(2021年6月19日時点)
4週間→166,000円(内訳:入学金98,000円、参加費:68,000円)
12週間→296,000円(内訳:入学金98,000円、参加費:198,000円)

金額はデビューコースと同じですが、24週間コースがありません。

エキスパートコース

こちらは、プログラミングの基礎学習、オリジナルサービスの制作に加え、
案件獲得のサポートを受けられます。
また、カリキュラムはオーダーメイド、専属インストラクターへのレッスン外の質問も無制限など、
サービス内容がかなり充実しています。
ただし、料金はそれなりにします(汗)
いずれも税込価格、2021年6月19日時点のものになります。

12週間→598,000円(内訳:入学金198,000円、参加費:400,000円)
24週間→896,000円(内訳:入学金198,000円、参加費:698,000円)
48週間→1,296,000円(内訳:入学金198,000円、参加費:1,098,000円)

100万円を超える金額を見ると、目が回りますよね(苦笑)
もちろん、ここで学習して、将来的に受講料以上の金額を稼げたらOKなのですが、
そこを自己投資と捉えるか、あるいはさすがに初期投資にしてはきついと捉えるか、
最終的には自己判断になりますね。

フリーランスコース

このコースは、フリーランスとして稼ぐ目標金額を定め、学習していくコースです。
例えば、3ヶ月コースなら5万円、6ヶ月コースなら20万円など。

実案件もサポートしてもらえるそうです。

料金は次の通りです。(税込価格、2021年6月19日時点)
12週間→796,000円(内訳:入学金298,000円、参加費:498,000円)
24週間→1,097,800円(内訳:入学金298,000円、参加費:799,800円)
48週間→1,757,800円(内訳:入学金298,000円、参加費:1,459,800円)

うーん、、、なかなか凄い金額ですね。

ただ、言い忘れていたのですが、ここまで紹介してきたコース、
全て分割払い可能です。
分割払いなので、当然利息はかかりますが、
まとまった資金がない
ある程度現金を手元に残しておきたい
という人で、クレジットカードを持っている、またはローンを組める信用がある人ならば、
将来的なリターンも考慮して、使うのはありだと思います。

侍エンジニアplusについて

侍エンジニアplusとは、月額2980円(税抜)で使えるサブスクリプション型の学習サービスです。
初月無料なので、試しに登録してみることをお勧めします。(自分も登録しています)

ちなみに、侍エンジニアの先ほど紹介したマンツーマンコースを受講した場合、
侍エンジニアplusは受講開始から卒業後も無料になるそうです!
受講開始とは、申し込みが完了した時点のことです。
つまり、申し込みが完了した時点から、侍エンジニアplusは無料で使えるようになる、
ということです。

それを踏まえ、裏技として教えてもらったのですが、
マンツーマンコースの受講時期を少し遅らせ(例えば1ヶ月後など)、
その1ヶ月の間に侍エンジニアplusで予習しておく、という形をとることもできるそうです。

これを使うと、例えば、エキスパートコースを12週間受講する場合、
基礎学習の1ヶ月は侍エンジニアplusで行い、
12週間でオリジナルサービスの開発、案件獲得のサポートを受ける、
といったことができるかもしれません。
(12週間コースで基礎から学習すると、案件獲得のサポートを受けるのは難しい感じでしたので)

担当インストラクターについて

ネット上には、侍エンジニアのインストラクターには当たり外れがある、
と書いてあるサイトがあります。

この点は非常に重要だと思いますが、インストラクター交代は何度でも可能とのことですので、
最悪、交代を依頼すればいいのかな、と感じています。

カウンセリングは基本2回行われている

侍エンジニアの無料カウンセリングは、基本的に2回に分けて行うそうです。
これは僕も今日初めて知りました!

ということで、来週もう一度カウンセリングを受けます。

あと、今回のカウンセリング後、やはりスクールの比較もしたいと思ったので、
テックアイエスとコーチテックの無料体験やカウンセリングも受けてみたいと思います。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました